Blogブログ

オンライン講座 ボーカルMIX短期集中コース 受付開始!


 

Keinoazaです。

 

この度、好評いただいているオンライン講座「The 2 Hours Mixing」に

ボーカルMIX短期集中コースをご用意しました。

 

このコースは、通常のオンライン講座からボーカルMIXに重要な
セクションを抜粋し再編したもので、

歌い手さんや、ボーカルMIXを主にされている方向け

のコースとなっています。

 

私のYoutubeチャンネルで一番勢いのある動画が、

ボーカルMIXを簡単に高音質にする方法

という動画なんですが、

それを見ていただいた方からボーカルMIXを集中的に知りたい、というご要望がいくつかあったので、

今回作らせていただきました。

 

 

私がこれまで数多くミキシングを行ってきた中でボーカルMIXに特に重要な部分を凝縮してお伝えすることで、

 

・自分の歌をできるだけ高品質で届けたい

という歌い手さんや、

・MIXクオリティを上げてもっと多く依頼を受けれるようになりたい

というMIX師さんの思いに応えていきます。

 

◆カリキュラム

基本コンテンツとして毎月4つのテキストと解説動画を3ヶ月間、配信します。

 

  1. ミキシングが上手くなるたった一つの考え方
  2. コンプレッサーを使いこなすための基礎知識
  3. EQを使いこなすための基礎知識
  4. Vocal Mixing Like a Pro
  5. ピッチ&リズム修正
  6. ディレイ、リバーブを使いこなすための基礎知識
  7. IFとスピーカーの選び方
  8. 良いミキシングは良いレコーディングから
  9. 特殊効果処理まとめ
  10. マスタリング基礎
  11. マルチバンドコンプとダイナミックEQ
  12. ラウドネスコントロール

本コースの好評により、更なる拡充のためコンテンツを追加しました。

 

追加コンテンツ一覧 

※一部コンテンツは今後変更の可能性があります

  • Cubase標準プラグインの使い方を実践解説
  • 優先的に揃えるとラクできるおすすめプラグイン
  • 録音の質が悪い時のEQ術
  • オケの音圧に負けないコンプ術
  • 風呂リバーブからプロリバーブに変える術
  • プロのピッチ/リズム修正術
  • オケトラック処世術

このように、ボーカルMIXに必要な知識とテクニックが基礎から応用まで学べるカリキュラムになっています。

 

ただ、テキストと解説動画を渡してハイお終いではつまらないですよね。

 

そこで、より効率的に上達できる特典を2つ用意しました。

 

◆課題曲の参考MIX&アドバイス

1ヶ月目、2ヶ月目に一曲ずつ、3ヶ月目には二曲の課題曲データをお渡しします。

 

そのデータを使ってご自身で実際にMIXしていただき、その結果を私に送っていただければ、

個別にアドバイスさせていただきます。

 

また、データには私がMIXした参考音源とその解説も付いてるので、

それを真似しながらMIXするだけでも上達できるようになっています。

 

◆質問相談はメールで随時受付

実はこの特典が一番重要だったりします。

 

というのも、テキストと動画で自分で勉強してみても、どうしても理解度には個人差がありますし、

普段MIXしてて悩んでいることをピンポイントで解決してほしい、と思うのが普通です。

 

講座内の不明点はもちろん、普段の作業でつまづいたりよく分からず放置してしまっているところなど、

些細なことでも質問いただくことで、もやもやが取れてMIXがより楽しくなると思います。

 

では実際にどんな質問が来ていて、私がどういう回答をしているかご覧ください。

本講座のリアルな感触が伝われば幸いです。

:ご質問

オーディオインターフェースについて質問です。
現在UA社の「ARROW」を使用しておりますが、ワンランク上の「APOLLO TWIN」に代替した場合、収録時の音質の違いは出るものなのでしょうか?

音質はやはりプラグインの質や使い方で決まると考えていいのでしょうか?

:回答

私自身、ArrowもApolloTwinも使って比較したことがないのでなんともですが、 
音質の向上はあると思いますが、劇的に改善するかというと微妙です。 

漠然と”音質を改善したい”と思っていても、改善したいポイントに合った手段を取らないと、思った通りの結果が得られないかもしれないので、まずはオーディオIFとプラグインの役割を整理してみましょう。 

オーディオIFを替えると何が変わるのか。 

色々機能差はあったりしますが、一つだけ言うとすれば”音の解像度”が変わります。 

写真で考えると分かりやすいですが、カメラがオーディオIFでPhotoshopなど加工ソフトがプラグインと同じ役割です。 

安いカメラでは解像度が低い写真しか撮れず、それをPhotoshopで加工してもノイズが出たり輪郭がぼやけたりしますが、高いカメラでは解像度が高く撮れるので加工後も綺麗です。 

でも素人目には加工すればどれも同じように見えてしまうこともあります。 

オーディオIFも同じで、グレードが高い製品は音の解像度を高く録音できるのでクリアな音質になり、ミックスで色々加工しても変にバランスが崩れることが少ないですが、素人目にも分かるかというと微妙です。 

メリットとしては、スピーカーから出力される音も解像度が高くなることで、今まで判断できなかった微妙な違いが判断できるようになったりします。 

この点はプラグインでは解決できない部分です。 

プラグインは音を変化させることができますが、音質を向上させることはできません。 
(音質が向上した”ように”処理できるプラグインはあります) 

如何に劣化を少なくしながら、より自然に迫力を出したり艶やかにするかというところがポイントで、音の変化はオーディオIFより大きいですが、元の音が悪いといくら加工しても限界があります。 

同じ”音質”でもオーディオIFとプラグイン(ミックス時の処理)ではアプローチが違うということです。

 

こういった質問以外では、過去にMIXした音源を聴かせていただいてのアドバイスだったり、

実際に私の方で手直ししたデータを渡したりなど、ほとんど個人レッスンのようなことも行っています。

 

 

 

◆レッスン料金

さて、気になるお値段ですが、通常コースと同じく

9,800円/月

となっています。

 

3ヶ月間で29,400円となりますが、同業他社さんのレッスンと比べてもかなりコスパが良い方かと思います。

 

そもそもボーカルMIXに特化した講座がほとんどないんですが、

あったとしてもかなり初級的な内容で終わっていたりと、実践的なテクニックを学ぶ機会は少ないように思います。

 

例えば少し高めのプラグインが3万円ぐらいしますが、

同じ価格で一生ものの、まだまだ情報が少ないMIXテクニックを学べるのであれば、

かなりお得じゃないかなと思います。

 

◆参考音源

最後に私がボーカルMIXを担当した音源をいくつか紹介させていただきます。

 

この音源で使っているテクニックほぼ全部講座で解説しているので、

しっかりと学んでいただければ、同等の処理ができるかと思います。

 

https://youtu.be/UiG-E8F7DZQ

 

 

◆申し込み方法

下記ボタンからお申し込みURLにアクセスいただき、お申し込みをお願いいたします。

 

お支払い方法でPayPalか銀行振込のどちらかを選択いただき、申し込みボタンを押すと決済情報が記載されたメールが送られてきますので、お手続きをお願いいたします。

 

ご不明点はinfo@soundexistence.jpまでお気軽にお知らせください。

 

 

では講座のお申し込み、お待ちしています!

一緒にミキシングを楽しみましょう!

 

 


E-mail MagazineKeinoaza公式メールマガジン

Keinoaza直伝
ミックスを成功させる5つの原則配付中

Keinoazaへの
ご依頼はこちら